スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありかた

 今日はアニメの話をしません。

 っていうのが意外なくらい、ずうっとアニメの話ばかりしてました。ここでいうアニメというのはお母さんがゲームを全部ひっくるめてファミコンと呼称してしまうような、いわゆるオタク趣味全般を指してます。

 どうして今日は?というのはサイトレビューで意見をもらって、痛いところを突かれたな、と自分で思ったからです。仰るとおり、このサイトは今アニメに疎い人はおおよそ楽しみにくいつくりになっています。もちろん一人の意見がみんなの意見だとは考えていないので、これをすべて鵜呑みにしているわけではありません。自分としても意識的にそういうつくりにしていたから、やっぱりそうだよね、と納得したんです。

 じゃあアニメとか漫画とかゲームとかの話はもう少し控えめにして、もっと一般的なサイトを目指すのかというと、単純にそういう話ではないと思います。むしろ逆に今の状態が中途半端で、さらにアニメゲーム漫画のよりディープな話を展開していった方が、それはそれで需要がある気もします。例えば仕事の話をすればアニメ業界の面白い話もできるかもしれませんが、WEB上に残ってはマズいことを書いてしまう恐れもありますし、なによりガチな仕事の話なんて書いてて楽しくない!だからせいぜい書くことは昔こんな仕事してたんだ~といった自慢話くらいです。残りの話は酒の肴にでもしてやりましょう。

 今このサイトにはじめて訪れた人がトップページではじめに見るものは、おそらく最新記事数個のサムネイル画像になるかと思います。その時点で「あ、絵がある。フィギュアだ。このアニメ知ってる!」と思って興味を持ってくれる人は、お待ちしておりました。ようこそいらっしゃいました。といったところです。一方で「絵だ、なんだこれ、アニメ?興味ないな」とブラウザバックでサヨナラな人は、残念ですが縁がなかったということで、それは仕方がないことだと思います。

 WEB上で公開している以上、できるだけ多くの人……というのはなんか恥ずかしいので、そこそこの人の目に触れられたいと思っています。そういう意味でこのサイトは「アニメ漫画ゲームなどが好きな人」を第一のターゲットとしておいています。だからこれから書くものも基本的には変えるつもりはありません。あくまで今のところの話ですが。

 気にしているのは第二のターゲットに対するサイトのありかたです。これは、今回レビューをしてくれた人のような「アニメには興味ないけど読んでくれた人」に向けています。興味のないジャンルの文章を読み続けるのは苦痛だと思います。普通なら日記を三日分ほど読んで「やっぱり自分には合わなかった」と思ったならば、やっぱりブラウザバックで再びくることはなかなか無いでしょう。でもそれは非常にもったいない。

 もし、アニメに興味ない人でも面白く読めるようなアニメの話を書けるのなら既に実行していますが、それを自分には期待できません。であれば普通の日記を書いたり、ジャンルをもっと広げるといった手段が、第二のターゲットの人たちの足先をひっかけて少しでもこのサイトに興味を持ってもらう無難な方法だと思うので、これからはその方向性も意識したいと考えています。

 あと主にVテキから来る更新したからとりあえず読みに来たのであろう、第1.9くらいのターゲットの人たちにも、たまにそうして面白いと思ってもらえたら、自分としても嬉しいですし。(それなら本来の意味でのテキストサイトを作ったほうが喜んでもらえるかもしれませんが、それはまたいつかあるかもしれない未来の話ということで。)

 それに、ずっとアニメの話ばかり書き続けているとたまには違うジャンルの話がしたいといった時に、サイトの毛色と合わないと感じてしまうのは嫌なので、違和感無く好きなことが書ける環境にしておきたいと言うのもあります。


 長々と書きましたが自分の頭の中を整理したい目的でもあったので、宣言というほどの強い意志でもありません。ただ普通の日記も書こうかなって思った上での予防線なのかもしれません。あとジャンルを増やすといっても更新していられる時間は増えないので、結局アニメ系に収まってしまう可能性だってあります。やりたいことを並べたら時間がいくらあっても足りません。お金がいくらでもあれば解決するのかもしれませんけどね。

 だから宝くじは今でも毎週300円ずつ買ってます。
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
Name : えぐう
もかもか2
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
piyopiyo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。