スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマガミの聖地巡礼に行ってきた?

1024_768_01.jpg

今年の冬はクリスマスを40回繰り返した。

アマガミの舞台が地元ということは知っていて、いつかゲームをやろうと思ってた。
以外にも(?)ギャルゲーっていうジャンルは滅多にやったことがなく
攻略サイトを見ながらも、10月から2ヶ月ほどかけてようやく全ルートクリアした。
さらにそのあとアニメも3クール分一気に見て、アマガミを目一杯楽しんだと思う!

40回っていうのは、ゲームがクリスマスまでに恋人を作るって話で、それを全ルート分。
充分楽しんだから、クリスマスはもう、しばらく、いいかな。



ama3.png20151230100849448.jpg

犬吠埼灯台は、薫ルートのエンディングを思い浮かべて撮ったらかなり一致した。
普段は波が高くて常に遊泳禁止だけど、今日は珍しく穏やかだった。

離島と富士山頂を除いて、初日の出が一番早い場所としてちょっぴり有名。
だからあさって、元旦の朝は、ここが人でいっぱいになる。
朝日が水平線から昇ることは、雲がかかることが殆どでなかなか見られない。
今度の初日の出はそれが見られるといいね!



ama2.png20151230151023766.jpg


それから同じ海岸に、七咲がイナゴマスクの変身ポーズをしていた休憩所もある。
画像を並べてから、しまった夕方に撮ればよかったと思ったけどもう寒いしいいや。
ちなみに七咲が膝枕をしていたのはまたちょっと離れた場所の海。
写ってるのは我が家のお犬様です。

あとは学校とか、ポートタワーとか、次回予告で印象的な風車とかは
歩いて行くには遠いのでもし通ることがあれば、また写真撮っておこう。



地元語りはともかくアマガミ本編は思った以上に楽しめた。
特に印象強かったのは、ゲーム絢辻スキBADとアニメ中多ルート。

絢辻さんBADは、もし先にアニメを見ていたらそれほど衝撃を受けなかったと思う。
攻略サイトを見ながらでも、ストーリー的なネタバレを見ていなかったおかげで
とにかく想像していなかった展開に、頭が真っ白になった。本当に悲しかった。

展開だけ聞いてしまえば、それほど珍しい展開でもないし
下手すればチープなものになりがちだけど、その時は相当”入って”いたんだと思う。
そればかりじゃなく絢辻さんルートはどれもいいエンディングだった。



一方の中多ちゃんは、アマガミのキャラで一番好きなキャラ!
ゲームの方ももちろん良かったけど、アニメはそれをひと回り上回って面白かった。
絢辻さんは悲しくて号泣したのに対して、中多ちゃんは腹を抱えて笑った。
元々奇怪な行動や発言の多い主人公の橘さんが、いつも以上にイカれている上
なぜかこのルートだけにあるナレーション(CV:中田譲治)が一層笑いを誘う。

とにかく中多ちゃんに限っては、ゲームよりもアニメの完成度が高かった。
笑えるだけじゃなく感動もできたし、また繰り返し見たいアニメのひとつになった。

今挙げなかったキャラやルートも、総じて飽きることなくプレイできて
ゲームの評価が高いことにも頷ける。

本当にアマガミが好きな人向けのアフターストーリー?で、ちょっとおまけ劇場
というPCソフトもあるらしいので、来年のクリスマスが近づいたらまたやろうかな。



今回は舞台が地元というきっかけでゲームをすることになったのだけれど
聖地巡礼を目的として作品を楽しむっていうのも、面白いかもしれない。

どこか気になる舞台の作品がないか、また探してみようと思う!



おまけ:近所の駅名が変な名前に変わってた

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
Name : えぐう
もかもか2
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
piyopiyo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。