スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真剣にWake Up, Girls !

wug1231.jpg

この前一人で映画を見に行くことが出来るようになったので、またひとつ見てきました。
Wake Up, Girls ! Beyond the Bottom

元は2014年の1月~3月に放送されたオリジナル作品のテレビアニメで
いわゆるアイドルアニメブームに乗じた作品のひとつと言えるWUG。
だけど見事に出る杭が打たれたという印象で、否定的な評価が目立っていました。

一方で自分は、一話の録画予約を忘れたせいで見てなかったり。

今年の春クールにも再放送があったけど、4話くらいまで見て放置してしまった。
確かに覚えにくいキャラや見ていて気持ちよくない展開は、評判に一致していたなあ、と。

それがまた何故また見る気になったかというのは、
今劇場版が上映中のタイミングで、一人で映画を見られるようになったから。
だけではなくて、最近改めてWUGの曲をよく聞くようになったから。

(リンク先アフィリエイトになってます)

ベストアルバムをたまに聴いては、あ、ちょっといい曲だなとなんとなく思ってた。
ふと、アルバム全部いい曲に感じるって結構凄くない?と思いはじめて
作曲者を意識するようになってからより一層聴くようになったのが11月ごろ。

WUGの音楽を担当するMONACAについてwikiを覗いてみたら衝撃を受けた。
WUGどころか他のアニメの楽曲に関しても、特に好きな曲ばかり作ってるじゃないか!
今まで好きな曲を見つけて、同じ歌手つながりで新しい曲を探すことはあったけど
作曲者から別の曲を探そうと考えることはなかった。

それからすぐにMONACAの担当するアイカツ!のベストアルバムを2つ聴いてみて
ああ、さすが好きな感じの曲作るなあと感心して、それも大方聴き終わってから……

その中でもWUGの曲がやっぱりいいな、と再確認した。
そして映画公開に合わせてWUGをもう一度、今度は真剣に見直そうと思ったまで。

WUG.png

とにかくキャラが覚えにくい。という悩みは、最初の劇場版を観ることで解決した。

テレビアニメシリーズ第1話の前に放送された劇場版は、実質0話の役割をしていた。
物語のプロローグがそこに詰まっていて、言ってしまえば劇場版を見なくては
1話以降の楽しみ方が半減どころじゃない。そんな構成になっていた。

逆にそれからは、すべての話が素直にはいってくるようになり
むしろ平均的なアニメよりもずっと楽しんで見ることができて……
気がつけば映画館で最新作を見て、今に至るのです。



当初の予定では、今上映中の映画を見るまでが目標だったけれど
今では自分の予想以上にWUGが好きになってしまったらしく、まだ熱が冷めていない。

来年もライブや新作ショートアニメの制作が決定していて
他と比べて派手さはないものの、まだまだ息の長いコンテンツになりそうな予感もする。

また気がついたらWUGの事など忘れてそうな、もしくは熱狂的ワグナーになってしまうか。

来年の自分は……どっちだ!?
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール
Name : えぐう
もかもか2
ブロとも申請フォーム
検索フォーム
piyopiyo


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。